ニキビを治すために最適な洗顔方法

顔に1つでもニキビができてしまうと、それだけで気分が憂鬱になってしまうものです。人と話をしていても、相手が自分のニキビを見ているのではないかと気になってしまい、人と接することが嫌になった経験を持つ人も少なくありません。毎日しっかりと洗顔をしていてもニキビができてしまうという人は、洗顔方法を見直す必要があるといえます。
ニキビができている肌に対して最も行ってはいけないことは、肌に刺激を与えることです。しっかりと汚れを落とすために、力を入れて洗顔をすることは逆効果といえます。また、洗顔料をしっかりと泡立てずに使用することも、肌に必要以上に刺激を与えてしまう可能性が考えられます。今は数多くの洗顔石けんが存在しており、泡立て用の専用ネットを活用して十分に泡立ててから、顔全体を泡で包み込むように優しく洗うと良いです。
指の腹で優しく洗ったら、すすぎ残しがないように流していきます。すすぎのポイントは、水ではなくぬるま湯を使用することです。水よりぬるま湯の方が洗顔料をしっかりと流すことができ、10回程度すすげば十分だといえます。すすぐ際も手でこすらずに、優しくすすぐことを意識します。最後にタオルで顔を拭く際もこすらずに、優しく肌にタオルをあて水分だけを吸い取るイメージで行います。ニキビ肌の洗顔で気を付けることは、肌に刺激を与えずに優しく洗うということです。洗い過ぎも肌の負担になるため、朝と夜の2回で十分だといえます。

 

大人ニキビを治すために必要なこと

大人ニキビは思春期の頃にできるニキビと異なり、洗顔フォームを使用しただけでは改善しないことがありますね。洗顔フォームを利用したり、市販のニキビ薬を使ったりしてもなかなかよくならないという悩みがでてくることもあります。そもそもが大人ニキビと思春期ニキビとはできる原因が異なるのです。
大人ニキビは皮脂が過剰分泌することによって起こるのではなく、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、睡眠不足、皮膚の乾燥といったことが要因となっています。つまり自律神経が乱れ、肌のターンオーバーがうまくいかずできています。大人ニキビを治すには、生活習慣に気を付け、清潔を保つことです。顎にできてしまった場合は髪の毛が付かないように気を配る、頬杖をつかない、といったことを意識します。おでこや髪の毛の生え際の場合は、枕を清潔にする、帽子や髪の毛が刺激物とならないようにし、シャンプーをした後はしっかりと洗い流すようにします。
洗顔フォームに関しても、使用したら、優しくそっと洗い流し、洗剤類をしっかりと落とすことが大切です。その後保湿を行うようにしましょう。肌はあまりにも乾燥してしまうと自己防衛のため皮脂を分泌してしまうので、かえって毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因となってしまいます。
食生活においても辛いものや動物性油脂のものは控え、野菜や果物をふんだんに食べるようにしましょう。お豆腐や納豆といった大豆製品を食べるのもおすすめです。

 

ニキビケア参考サイト
ニキビを治すための洗顔方法

思春期ニキビの原因と対策

中学生から高校生の間に起こりやすい肌トラブルの筆頭が、思春期ニキビによる皮膚の炎症です。ニキビは様々な原因が元で起こりますが、思春期に起こるニキビの特徴として体のホルモンバランスが安定しないことにより、通常よりも過剰に皮脂が分泌されてしまう事で起こります。
こまめに洗顔をしても毛穴に皮脂が詰まりやすく、皮脂が詰まった部位にアクネ菌と呼ばれる雑菌が入り込むことでニキビになります。ニキビケアも思春期ニキビの場合は、殺菌効果の高い洗顔料でこまめに肌を洗浄することや、アクネ菌の対策が行えるニキビ専用の化粧水や乳液などのスキンケアを利用することで、肌を効果的に殺菌することができます。
ニキビ化粧品は皮脂分泌量が多い若い世代を対象としているので、大人ニキビのニキビケアに取り入れようとしても肌に必要な保湿成分が不足してしまうことから、大人の方がニキビケアに取り入れるのはおすすめしません。
効果的にニキビケアを行いたい方は、市販のニキビ治療薬を購入するよりも皮膚科に相談をすることが大切です。皮膚科で症状を医師に確認してもらい、保険で薬を処方してもらうことで費用を抑えることが出来ますし、適切な治療方法を指導してもらうことが可能なので、自分ではどのように対処すれば良いのかわからない場合は、何度もニキビが繰り返し出来てしまう場合にも効果的です。
洗顔を行う場合はゴシゴシ肌を洗うのではなく、十分に洗顔料を泡立ててから泡を利用して優しく洗顔をすることも重要です。

更新履歴